大津 真沙樹(27歳の政治家)

枚方生まれ枚方育ち

好きなもの:野球、サッカー、旅行、温泉

略歴

平成8年(1996)枚方市津田にて、地元出身の父と徳島出身の母のもとに生まれる。

4人兄弟の長男(弟・妹・弟)

地元の津田保育園に入園

枚方市立津田小学校(津田南BBC)

枚方市立津田中学校(枚方ヤングホークス)

東海大学付属大阪仰星高校(野球部)

立命館大学(政策科学部)
徳島県上勝町で地域インターンシップ

宮城県・長野県等被災地域での支援活動に参加

大阪府議会議員事務所でインターンシップ

ITベンチャーにて勤務後

衆議院議員秘書を経て

2023年4月の枚方市議会議員選挙に26歳最年少での当選
枚方市消防団津田分団 団員
ほっこりニコニコ食堂 代表

何故政治家を志したのか。

幼少期

幼少期の私はヒーローに憧れていました。漠然と困ってる人、力の弱い人を助けてあげれる正義の味方になりたいと感じていました。男の子が警察官や消防士に憧れるイメージはあるかと思います。今思えば、幼少期の憧れのままに26歳になってしまった気がします。

小学生時代

友達に誘われて野球を始めました。毎日楽しかったですが、決められた環境で何かすることが苦手で、野球チームの練習をさぼって、公園で野球をしていました。(会費もったいない)そんな子どもでした。
8歳の時、戦争映画を見ました。幼いなりに衝撃を受け、太平洋戦争から遡る形で歴史にはまりました。 幼少期からの正義の味方への憧れが警察官や消防士ではなく、政治家に向いたのは、当時の私には、幕末の志士や世界の偉人は魅力的で子どもが憧れる要素に溢れていたからだと感じます。将来の夢は、プロ野球選手か政治家でした。

高校時代

毎日部活に忙しい日々でした。幾つか挫折を経験しました。もう一度立ち上がらせてくれたのは、友人や先生方でした。私は運よく周囲に助けてもらいましたが、レールから外れそうな人、苦難に直面している人、救える社会を作りたいです。

大学時代

地域コミュニティ、町おこしについて、時には住み込みでフィールドワークを行いました。本気で町おこしに取り組む人々をみて、地域が変わること、政治が役に立てることを実感しました。特に、徳島県上勝町での経験は、私自身も地元枚方市で地域のために働きたいと明確に感じた機会でした。他方学生生活を通して、学生間の格差、それに伴う機会損失等、様々課題意識を得ました。

政治活動を始めて

これまで、真に市民を代表して議会に臨むべく、朝の駅立ち・地域を自転車で回る中で、直接市民の課題意識に触れてきました。私の政治家としての核心は、全ての人がより豊かに暮らせる枚方市を目指すことです。子育て世帯を含む現役世代、社会的に立場の弱い人、孤独から抜け出せない人、常に政治は本当に必要な人には届きにくいものです。投票率の低さは、政治に対する諦めや政治関心の低さに留まらず、多忙な日常に追われ政治を考えるいとまがないからだと感じます。引き続きそんな人々の代弁者として、声を大にして活動をして参ります。至らぬ点多々あるでしょうが、共に歩んでいただければ幸甚に思います。